行政書士試験について〜効率のよい勉強方法〜

行政書士試験について〜効率のよい勉強方法〜

当サイトは資格についての専門サイトになります。資格にターゲットを絞って情報を掲載しております。
資格の実体験などを交えて、あなたの資格実現のお手伝いができることを目標にしております。
詳細は↓下記トピックス↓にて!!

先ずはじめにこの話。

行政書士になれる条件としては以上のような条件を満たせば、行政書士として仕事ができることになっています。20年以上の公務員経験という中には、細かな規定もありますが、割愛させていただくとして、公務員優遇で不公平ではないかという批判も強く、司法制度改革が進み、業務拡大を希望している一部の行政書士からは、特認制度の廃止(もしくは科目免除制への移行)を求める意見があがっています。
行政書士になれない者としては、1.成人に達していない者2.成年被後見人あるいは被保佐人3.破産者で復権を得ない者4.禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなつてから3年経っていない者5.公務員(特定独立行政法人あるいは特定地方独立行政法人の役員または職員を含みます。)で懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から3年経っていない者6.登録の取消しの処分を受け、当該処分の日から3年を経っていない者7.14業務の禁止の処分を受け、当該処分の日から3年を経っていない者8.懲戒処分により、弁護士会から除名され、公認会計士の登録の抹消の処分を受け、弁理士、税理士、司法書士もしくは土地家屋調査士の業務を禁止され、あるいは社会保険労務士の失格処分を受けた者で、これらの処分を受けた日から3年を経ってない者というのが行政書士の資格を与えられない人です。